竹鶴 030535612.jpg

竹鶴の酒

うま味・きれ味・酸味

竹鶴 030535551.jpg

小笹屋竹鶴シリーズ

このシリーズは濃醇な味わいが竹原の風土を、江戸時代の屋号「小笹屋」が歴史を表す、竹鶴酒造の日本酒造りを象徴する商品です。それをそのままに表すため、米だけを原料とした純米酒を薄めず原酒で瓶詰してあります。味わいの背景にある瀬戸内・竹原の「風土と歴史」までご堪能下さい。

 
竹鶴 030535557.jpg

小笹屋竹鶴

生酛 純米大吟醸原酒

大吟醸が持つ透明感の中、木桶仕込による複雑さも備えた、生酛造り特有の深い味わいが広がります。生酛造りの技術が確立された江戸時代には成し得なかった、現代ならではのお酒です。是非、その特徴を引き出すお燗でお愉しみ下さい。

原料米 八反100%

精米歩合 40%

アルコール度数 21.5%

日本酒度 +24.0

酸度 3.9

アミノ酸度 3.0

酵母 無添加

1800ml 13,200 円 / 720ml 5,500 円

竹鶴 030535556.jpg

小笹屋竹鶴

生酛 純米大吟醸原酒 袋吊

日本酒古来の製造法である生酛造りにより奥深く、また昔ながらの木桶で醸し複雑味を備えた純米大吟醸を、より上品な香味のため袋吊という希少な方法で搾り、2年間ゆっくりと熟成させました。是非、その特徴を引き出すお燗でお愉しみ下さい。

原料米 八反100%

精米歩合 40%

アルコール度数 19.9%

日本酒度 +17.0

酸度 3.5

アミノ酸度 2.4

酵母 無添加

720ml 7,700 円

竹鶴 030535565.jpg

小笹屋竹鶴

生酛 純米吟醸原酒

吟醸酒が持つ透明感の中、木桶仕込による複雑さも備えた、生酛造り特有の深い味わいが広がります。生酛造りの技術が確立された江戸時代には成し得なかった、現代ならではのお酒です。是非、その特徴を引き出すお燗でお愉しみ下さい。

原料米 八反100%

精米歩合 50%

アルコール度数 21.0%

日本酒度 +22.5

酸度 3.5

アミノ酸度 2.5

酵母 無添加

1800ml 7,700 円 / 720ml 3,850 円

竹鶴 030535564.jpg

小笹屋竹鶴

生酛 純米原酒

日本酒古来の製造法・生酛造りによって生まれた懐の深い味わいが幅広く食を受け止め、昔ながらの木桶によって醸し出された複雑味と相まって、おいしさを高めます。是非、その特徴を引き出すお燗でお愉しみ下さい。

原料米 改良雄町100%

精米歩合 70%

アルコール度数 20.4%

日本酒度 +20.0

酸度 4.1

アミノ酸度 2.7

酵母 無添加

1800ml 6,050 円 / 720ml 3,025 円

竹鶴 030535563.jpg

小笹屋竹鶴

大和雄町 純米原酒

酒米雄町ならではの力強さをそのままに瓶詰した純米原酒。濃醇な味わいが肉料理さえも、しっかり受け止めます。黄金色の装いは食を引き立てる豊かなうま味の証し。是非、その特徴を引き出すお燗でお愉しみ下さい。

原料米 改良雄町100%

精米歩合 65%

アルコール度数 20.2%

日本酒度 +15.0

酸度 2.4

アミノ酸度 2.7

酵母 きょうかい701号

1800ml 3,850 円 / 720ml 1,925 円

竹鶴 030535549.jpg

清酒竹鶴シリーズ

このシリーズは、芸南地方の先達が「吟醸酒」造りの基礎を築き日本酒へ新しい魅力を吹き込んだように、これからの日本酒の可能性を追求する商品です。食中酒として合わせる料理の幅を広げるため、アルコール度数を少し調整してあります。それぞれの個性を、是非お楽しみ下さい。

竹鶴 030535575.jpg
清酒竹鶴 純米吟醸

純米酒ならではの力強さと吟醸酒ならではの上品さを併せ持ちます。食に寄り添うよう、熟成によりうま味を引き出し、香りも円やかに致しました。お酒だけよりも、是非食中酒としてお愉しみ下さい。お燗すると食のおいしさが一層引き立ちます。

原料米 八反100%

精米歩合 50%

アルコール度数 15.6%

日本酒度 +10.0

酸度 2.2

アミノ酸度 2.2

酵母 きょうかい7号

1800ml 5,060 円 / 720ml 2,530 円

 
竹鶴 030535581.jpg

清酒竹鶴 生酛純米

日本酒古来の製造法・生酛造りにより生まれた深い懐が幅広く食を受け止め、昔ながらの木桶が醸し出す複雑味と相まっておいしさを高めます。黄金色の装いは食を引き立てる豊かなうま味の証し。是非、その特徴を引き出すお燗でお愉しみ下さい。

原料米 八反錦100%

精米歩合 70%

アルコール度数 15.6%

日本酒度 +6.5

酸度 1.9

アミノ酸度 2.8

酵母 無添加

1800ml 4,620 円

竹鶴 030535573.jpg

清酒竹鶴 合鴨農法米

生態系では現在、「昆虫カタストロフィ」と呼ばれる虫たちの大量絶滅が起きています。その原因の1つとされる農薬の削減を目標として、竹鶴酒造も農薬を一切使用しないお米を用いた酒造りに取り組んでいます。自然の恵みが感じられる、ふくよかな味わいです。

日本酒を通じて、この問題に関心を持って頂ければ幸いです。

原料米栽培者の遊び心から、「門藤夢様」(もんどうむよう)と名づけました。

原料米 改良雄町100%

精米歩合 65%

アルコール度数 15.6%

日本酒度 +3.0

酸度 2.2

アミノ酸度 4.1

酵母 きょうかい601号

1800ml 3,850 円 / 720ml 1,925 円

竹鶴 030535578.jpg

清酒竹鶴 雄町純米

日本酒では禁忌とされていた酸味の魅力を広めるため、竹鶴酒造は2002年にこのお酒を発売開始致しました。豊かな酸味を深いうま味が支える、日本酒の可能性が広がる無類の味わいです。「日本酒なら和食」ととらわれず、中華やフレンチなど、食中酒として幅広くお試し下さい。お燗すると食が更に引き立ちます。

原料米 改良雄町100%

精米歩合 70%

アルコール度数 15.6%

日本酒度 +11.0

酸度 3.1

アミノ酸度 2.7

酵母 自社酵母

1800ml 3,300 円

 
竹鶴 030535580.jpg

清酒竹鶴 純米 八反

「雄町純米」と同じ製法で醸し際立った酸とうま味が特徴ですが、原料米の品種の違いから穏やかな酸が楽しめます。お好みでお選び下さい。

原料米 八反100%

精米歩合 65%

アルコール度数 15.6%

日本酒度 +14.5

酸度 2.8

アミノ酸度 2.6

酵母 自社酵母

1800ml 3,300 円

竹鶴 030535576.jpg

清酒竹鶴 純米

酒だけで楽しむのではなく、食と共にある事でおいしさに相乗効果を発揮する「竹鶴」の入門酒。純米酒ならではの豊かな味わいと鋭いきれ味が、食のおいしさを引き立てます。

原料米 八反錦27% / 加工用米73%

精米歩合 70% / 65%

アルコール度数 15.6%

日本酒度 +11.0

酸度 1.7

アミノ酸度 2.5

酵母 きょうかい601号

1800ml 2,640 円 / 720ml 1,320 円 / 300ml 550 円

竹鶴 030535647.jpg

清酒竹鶴 純米にごり酒

「お燗するにごり酒」は竹鶴酒造が提案した新たな日本酒の楽しみ方です。甘いにごり酒が多い中、完全発酵により残った糖分を少なくしてありますので、締まりのある味わいのお燗が楽しめます。

原料米 八反錦27% / 加工用米73%

精米歩合 70% / 65%

アルコール度数 16.5%

日本酒度 +15.0

酸度 1.7

アミノ酸度 2.0

酵母 きょうかい601号

1800ml 2,860 円 / 720ml 1,320 円

 
竹鶴 030535588.jpg

清酒竹鶴

純米吟醸 生 初しぼり

吟醸酒らしい上品さと純米酒らしい力強さを併せ持ちます。生酒ならではの爽快感と心地よい酸味が食欲を誘います。

生酒ですが、是非お燗でもお試し下さい。

原料米 八反100%

精米歩合 50%

アルコール度数 16.5%

日本酒度 +4.5

酸度 2.7

アミノ酸度 2.4

酵母 きょうかい7号

1800ml 4,180 円 / 720ml 1,870 円

その他

竹鶴 030535572.jpg

雄町純米にごり

豊かな酸と深いうま味、そしてにごり酒の澱が熟成により変化し日本酒の可能性を広げます。食中に是非お燗でお楽しみ下さい。

原料米 改良雄町100%

精米歩合 70%

アルコール度数 19.5%

日本酒度 +13.0

酸度 4.4

アミノ酸度 3.5

酵母 自社酵母

1800ml 3,960 円 / 720ml 1,815 円

竹鶴 030535571.jpg

純米 秘傳

昭和45年(1970年)に発売開始した、純米酒の草分け的存在。広島県下唯一の全量純米酒蔵である竹鶴酒造の、全ての商品の基本となるお酒です。

純米酒ならではの豊かな味わいを鋭いきれ味が引き締めます。

原料米 八反錦100%

精米歩合 70%

アルコール度数 15.6%

日本酒度 +15.0

酸度 1.6

アミノ酸度 1.9

酵母 きょうかい601号

1800ml 2,970 円 / 720ml 1,485 円

竹鶴クラシック_white2.png

TAKETSURU

1733